コンビニ(ローソン・セブンイレブン)のサンドイッチ比較

2つの大手コンビニエンスストアで、ほぼ同時期に同種類のサンドイッチ(レタスサンド)を購入したので、カロリーや価格、味の評価を下してみることに。

ローソンのサンドイッチ

ローソンのサンドイッチ

まずはローソンのレタスサンド。商品名は「シャキシャキレタスハム」

価格:230円(税込み248円)

レタスにハム、チーズが挟まった一般的な定番商品。

カロリー、エネルギー

  • エネルギー:190Kcal
  • 糖質:20.7g
  • 食物繊維:1.4g

ローソンのシャキシャキレタスハム

  • 添加物:酸化防止剤、リン酸塩、発色剤など
  • 製造会社:株式会社サンデリカ町田事業所(※神奈川及び東京の一部地域はここで作られているかと)

セブンイレブンのサンドイッチ

続いてセブンのレタスサンド。
セブンイレブンのシャキシャキレタス

  • 商品名:レタスたっぷりシャキシャキレタスサンド
  • 価格:232円(税込み250円)

シャキシャキレタスサンドのカロリー、価格等

  • カロリー:220Kcal
  • 糖質:11.6g
  • 添加物:乳化剤、増粘剤、酸化防止剤、発色剤など
  • 製造:フジフーズ株式会社横浜工場

セブンイレブンのパンのカロリーまとめ

比較結果

  • 値段はローソンが2円安い
  • カロリーはローソンの方が30キロカロリー低い
  • 糖質はセブンの方が若干低い。
  • 食品添加物はどっちもどっち。

味の評価

正直な感想を言うと、美味しさではセブンイレブンが勝っていました。

決定的・・・、いや唯一の違いは

レタスの鮮度、ボリューム、シャキシャキ感」にあります。

セブンのレタスは新鮮だった・・・食感の差、このポイントが大きい。(もしかして添加物により鮮度を保っているのか)

ローソンもレタスの品質を向上させればセブンと互角に渡り合えると思われます。

接客はローソンが上だった

接客サービスの差、

  • ローソン:お手拭き(ウェットティッシュ)を買い物袋の中に入っていた。
  • セブンイレブン:何も入っていなかった。

こちら側からお願いをしていないのに、ローソンの店員は無言でウェットティッシュを添付してくれました。

なぜなら「サンドイッチは必ず素手で持って食べる」必要があるから。

ただしセブンの接客に不満があったわけではない。ローソンが一歩上を行ってただけのこと。

個人的な感想

コンビニのレタスサンドはカロリーを気にする「サラリーマン」や「女性」に人気のある商品だと思われます。

健康志向の強い人が買うので、その分「添加物の種類の多さ」が気になります。(鮮度と味を維持するため必要不可欠なのかもしれないが)

たまに食べるなら良いけど、毎日口に入れるとなると・・・ちょっと不安になるレベルでした。

コンビニ各社、試しに無添加サンドイッチをテスト販売してみては如何でしょう。