プラスチックの接着剤ウルトラ多用途SUボンド(レビュー)

ガラス素材と同様に最もくっつきにくい素材、それはプラスチック。

「ポリプロピレン」、「ポリエチレン」とか。

最初、100円ショップの瞬間接着剤で試してみるも簡単に剥がれ落ち、

それならゼリー状瞬間ならどうかと挑戦するもくっつかない・・・。なんか2つも購入して無駄づかいした。

そこでホームセンターで探し回って見つけたのがこれ、

プレミアムソフト ウルトラ多用途SUボンド

プラスチック、ガラスも接着できる

価格は450円~500円ほど。ちょっと高めですが容量(25ml)とたっぷり入っています。

コニシ株式会社が製造(日本製)。成分はシリル化ウレタン樹脂100%。

接着できる素材一覧

接着できる素材は「金属、ガラス、コンクリート、タイル、陶磁器、発砲スチロール、木材、ポリプロピレン、ポリエチレン、硬質プラスティック、塩化ビニール、合成ゴム、革製品、布、フェルト素材」

一方、接着できないものは、「フッ素樹脂、貴金属、高価格品」だそう。

それ以外はすべてOK!

※金属は接着できて、貴金属はできない理由がわからん。あと高価格品?ってなんだろう。賠償訴訟逃れ?

あといつも使っている接着剤を発泡スチロールに着けると溶けてしまうのですが、この商品は大丈夫なようです。(成分が違うのかな)

ペットボトルで試してみる

ペットボトルに接着剤を塗る

早速、身近にあったペットボトルで試してみました。まずプラスチックのキャップに接着剤を塗ります。

色は無色透明。ソフトなゼリー状でツンとする強烈なニオイもありません。

完全に接着するまで24時間

ペットボトル同士をくっつけてみました。説明書によると15分で動きが止まり、3時間で強度が付き、完全に固まるまで24時間(1日)掛かるとのこと。

プラスチック同士でもくっつく

翌日24時間後、このとおり。完全にキャップ同士接着しました。ソフトタイプの接着剤なので衝撃にも強そうな感じ。

強力に接着したペットボトル

片方(下)のペットボトルに水道水満タン入れてみました(500ml)

これでも全く剥がれ落ちる気配なし。固着強度は最高。

まとめ

プラスチックやガラス素材を接着するには、それ専門の特別なボンドじゃないとくっつかない。

普段使いする瞬間接着剤は使えない!

ということを学びました。