日経平均が急落した理由・・・中国の原油在庫に影響?

本日、13時15分頃(日本時間)。

突如、日経平均先物(日経225)が急落する場面がありました。(すぐに買い戻されたけど)

日経225

なんとなく予兆らしきものは感じられたものの、日経平均株価だけこの落とし方です。

ダウ平均先物

上はNYダウ平均先物。

日経平均が落としている同時間帯、ダウは上昇基調でした。

日経225だけこんなに急激に売られる原因は絶対何かある・・・と詮索してみたところ。

たぶんこれ、

「中国商業用原油在庫は前月比1.1%、精製燃料は17.3%増加」

というニュース。(SBI証券から情報入手)

13時15分ジャストで報じられたニュースなので、これしか理由考えられません。

しかしこの原油在庫上昇のニュース、中国語版ロイターが報じたもので日本語ではほとんど拡散されていないようです。

つまり中国語で「原油在庫増加」が出た瞬間、国内外の大口投資家or自動売買プログラムが察知して、

日経225を一気に売り浴びせた。

と私は判断しました。

こわいですね~。日本だけでなく中国の経済指標も注意しなければならないとは。

中国語も勉強すべきなのかな。

原油先物相場と為替(ドル)、株価(ダウ)の相関関係