SGXの日経225は呼値1円。1円単位で短期売買したいなら。

日本(大証)の日経225を取引する場合、ラージだと呼値10円。ミニでも5円単位でしか売買できません。

で、なんとか1円単位(呼値1円)で細かく短期トレードする方法はないものかと探してみたところ、

見つけました。

SGX(シンガポール証券取引所)に上場されている日経平均先物

楽天証券海外先物取引

(出典:楽天証券)

日経225ミニが呼値1円となっていました。

どうもSGXでは日本で言うところのラージが呼値5円(or5ドル)、ミニが1円に設定されているようです。

「さすが金融都市シンガポール!」

1円単位で細かく短期売買(スキャルピング)したいならシンガポールに行くべきかもしれませんね。(それかIB証券の海外口座申し込むか)

手数料は

日本にいながらシンガポールへ投資するケース。

楽天証券の海外先物取引に掛かる手数料を見てみると、

  • SGX日経225円建て:432円
  • SGX日経225ドル建て:4.86USD
  • SGXミニ日経225先物:216円

1枚あたりのコストです。

ミニで216円・・・ですか、まあでも日本(証券会社)から海外先物に投資する場合これでも割安な方なのでしょう。

だけど216円でスキャルピングは厳しいかな。日本の日経225ミニなら30-40円ですからね。

日経平均先物(日経225)ラージ&ミニの手数料