日経平均株価指数&日経225先物CFDのスプレッド

日経225または日経平均株価指数のCFD銘柄。そのスプレッドコストを各証券会社から調べてみました。

日本の取引所が開いている時間帯(9時-15時)とサラリーマンがトレードしやすい夜中。2つの時間帯でスプレッドの開きを調査。

GMOクリック証券

夜間の日経225CFDスプレッド

(出典:GMOクリック証券ウェブサイト)

夜間の日本株CFDのスプレッドです。スナップした時は買い16593円、売り16598円で価格差5円でした。

GMOは変動スプレッドで狭いと2Pips、広がると8Pips前後に拡大するようです。

gmoクリック証券のCFDスプレッド

日中のスプレッドです。こちらもASK-BID差は大体2~6円内でした。

縮小したり、拡大したり瞬間的に変化するので成行注文だと思った値段で買えないかもしれませんね。(特に経済指標発表時)

IG証券

IG証券日中の日経平均CFD

(出典:IG証券ウェブサイト)

こちらは午前中の価格差。スプレッドは8円でした。

IG証券のスプレッドは原則固定で、

  • 8時45分~18時15分: 8Pips(日経225先物は15Pips)
  • 18時15分~翌日8時45分:30Pips

の時間帯による2段階性。またCFD銘柄は日経225(先物)と日経平均株価指数(スポット?)の2種類あります。

DMM.com証券

dmm.comの日経225CFD

(出典:DMM.comウェブサイト)

夜中のスプレッド7Pipsです。

日中のスプレッド

昼間のスプレッドも7Pips。

DMM.com証券の日経225CFDは原則固定されていました。

クリック株365

クリック株365日本株CFD

(出典:クリック株365ウェブサイト)

夜間のスプレッドコストです。買い気配16559円、売り気配16568円。その差9円。

クリック株365スプレッド

午前中の買い気配16833円、売り気配16841円。その差8円。

※クリック株365はスプレッドの他、証券会社に支払う取引手数料が必要となります。

クリック株365(CFD)のスプレッドを調べてみる

※日経平均先物(日経225)ラージ&ミニの手数料